医院案内|つくばエクスプレスみどりの駅で眼科をお探しの方は【なかのアイクリニック】まで

院長あいさつ

院長

 はじめまして、中埜 君彦(なかのきみひこ)です。つくば市みどりのに御縁があり開業することにいたしました。関西弁ですが親しみやすい町医者として頑張ります。

 眼科医を目指したきっかけは大学受験の浪人時代です。高校時代より強度近視で眼鏡が合わず不快感で勉強に集中できない時期が続きました。5浪の夏、眼科受診しコンタクトレンズを装用することで、嘘のようにスッキリしました。おかげで勉強に集中できて念願の医学部に合格しました。このような体験により「目で困った人に少しでも貢献したい」想いで眼科医になりました。初心を忘れず患者様の目線で良い医療を提供していきます。患者様に満足できるようスタッフ一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

院長 中埜 君彦 なかの きみひこ

経歴
  • 京都出身
  • 1993年 京都私立洛南高校 卒業
  • 2005年 三重大学医学部 卒業
  • 2006年 愛知県渥美病院 初期研修
  • 2008年 三重県立志摩病院 内科
  • 2010年 京都府立医科大学 眼科
  • 2015年 小沢眼科内科病院
    (非常勤:オリンピア眼科)
  • 2021年11月 なかのアイクリニック 開院
資格
  • 眼科専門医
  • 内科認定医
  • ボトックス認定医

診療案内

一般眼科

眼科診療では、ものもらいや結膜炎、アレルギー治療などはもちろん、眼鏡処方、お子様の目の治療まで、幅広い診療を行っています。
地域の皆様にとって、丁寧でわかりやすい医療を心がけております。少しでも気になることがありましたら、医師までご遠慮なくご相談ください。

小児眼科

斜視・弱視などは、お子様の視力の発達を妨げるため、早期発見し、早めに治療を開始することが大切です。
小児眼科による視力検査は、3歳位から受けることが可能です。
お子様の目に少しでも異常を感じたら、視力検査を受けることをおすすめいたします。

心療眼科

目の機能には異常がなくても、ストレスや不安など、心理的な要因で目に痛みを感じたり、視力が落ちるなど、目の症状として現れる「心因性視覚障害」の診察・治療を行っています。

▲ページトップ